日本No.1の会員数を誇る公認会計士ネットワーキングによる業界最高水準のテクノロジーを駆使した経営管理支援サービスをご提供致します。

申し訳ございませんが、本サイトはお使いのブラウザでは正常に動作いたしません。
Microsoft EdgeGoogle ChromeFirefox等をご利用ください。

IPO支援 -新規株式公開-

資金調達

投資家からの資金調達を考える上で、このようなお悩みはありませんか?

  • 財務面からも事業計画を精度が高いものにしたいが、精度の良し悪しがわからない···
  • 投資家との交渉でこちらが留意すべき資本政策のポイントがわからない···
  • そもそも当社に適切な投資家が見つからない···

このような貴社のお悩みをブリッジコンサルティンググループがワンストップで解決します。

ブリッジコンサルティンググループが選ばれる理由

事業計画と資本政策の勘所を抑えたサポート

ブリッジはIPOのご支援実績は業界最大級です。IPOを目指す企業は創業期から直前期まで、各段階で資金調達を行いますが、IPOを見据えて各段階において注意すべきポイントは様々です。多くの企業をご支援してきた経験から、企業の成長に合った形づくりを側面支援します。

豊富な業種をカバー

ブリッジが貴社にご支援できる候補となる公認会計士は約2,000人。多くのスタッフを抱えることによって、単なる財務アドバイスではなく、ビジネスモデルも理解したご支援を可能にしています。

人材確保が困難という問題への解決策

IPOを見据えた資金調達というのは単なる資金調達とは異なり、IPOまで見届けた経験者ではないと成功する資金調達はできません。ブリッジなら、担当させていただくのはすべて上場準備の経験豊富な公認会計士。人材の確保が困難という貴社の問題をスッキリ解決いたします。

資金調達支援サービスの概要

資金調達実行までの流れ

大枠は以下で進めます。

  • Phase 1課題ヒアリング

    財務・経理だけでなく、事業内容やビジネスモデルについての今後のストーリーをお伺いして、その上で資金調達を実行する際の懸念点を明確にします。

  • Phase 2事業計画書・資本政策の作成

    貴社が描く成長ストーリーを投資家にとって筋の通った事業契約書に落とし込みます。

  • Phase 3資金調達方法の検討・紹介

    貴社に適した資金調達方法を改めて検討します。借入や補助金、あるいはクラウドファンディングなど、貴社の状況にとって最適な資金調達方法を一緒に考え、調達方法が決まったら、適した投資家等をお繋ぎします。

  • Phase 4資金調達実行までのフォロー

    必要があれば、投資実行あるいは借入実行までの投資家等とのコミュニケーションに入っていき、貴社の意向に沿った資金調達実行をご支援します。

上記の流れは一般的なものでございますので、貴社のご要望に合わせて柔軟にご支援いたします。

資金調達を必要とされている事業会社様は
是非ブリッジコンサルティンググループへご相談ください

サービスに関するお問い合わせはこちらから

TEL:03-6457-9105

【受付時間】平日午前10:00〜午後5:00