日本No.1の会員数を誇る公認会計士ネットワーキングによる業界最高水準のテクノロジーを駆使した経営管理支援サービスをご提供致します。

申し訳ございませんが、本サイトはお使いのブラウザでは正常に動作いたしません。
Microsoft EdgeGoogle ChromeFirefox等をご利用ください。

マザーズと東証一部の違いとは?

【はじめに】
突然ですが、皆さんは東京証券取引所の株式市場の名称をすべて言えますか?一般投資家向けの市場として「東証一部」「東証二部」「マザーズ」「JASDAQ」、そしてプロ向け市場として「TOKYO PRO market」の合計5つの株式市場が開設されています。

次に、5つの市場の特徴を説明できますか?…少し難しいですね。実は、5つの市場それぞれに異なる特徴があります。 そして、特に比較されやすいのが、今回のテーマである「東証一部とマザーズの違い」です。
今回は、二つの市場の概要から、両者の違いを紐解きます。

1. 市場の概要

日本取引所グループのウェブサイトによれば、市場第一部及びマザーズを以下のように説明しています。

東証一部

市場第一部・市場第二部は、国内外を代表する大企業・中堅企業が上場する日本の中心的な株式市場です。特に、市場第一部は海外投資家が売買の太宗を占める国際的な市場として、市場の規模や流動性においても世界のトップクラスの市場です。なお、市場第一部及び市場第二部を総称して「本則市場」といいます

マザーズ

マザーズは、近い将来の市場第一部へのステップアップを視野に入れた成長企業向けの市場です。そのため、申請会社には「高い成長可能性」を求めています。申請会社が高い成長可能性を有しているか否かについては、主幹事証券会社がビジネスモデルや事業環境などを基に評価・判断します。多くの成長企業に資金調達の場を提供するという観点から、その上場対象とする企業について、規模や業種などによる制限を設けていません。マザーズ上場後、多くの企業が市場第一部にステップアップしています。

上記概要から次の点について比較することができます。

①企業の知名度・成熟度

東証一部は、「大企業・中堅企業」を対象としている。一方で、マザーズは、「新興企業」を対象にしています。そのため、東証一部企業の方が、国民生活に与える影響が大きい分、マザーズ企業に比べて世間の認知度は高いといえます。また、企業ライフサイクルでは、東証一部企業は安定期、成熟期であるのに対し、マザーズ企業は、成長期であるため、成熟度も異なります。

出典:YAHOO!JAPANファイナンス「上場年月日」を基に集計・作図

②海外投資家の取引量

東京証券取引所が公表している「投資部門別売買状況」を基に、一日あたりの海外投資家の取引量を集計したところ次のような結果が得られました。

東証一部
  売り 買い
法人 287,244 285,068
個人 360 336
単位:千株/日・(出典:日本取引所グループ「投資部門別売買状況」より2019年1月から2月を集計)

マザーズ
  売り 買い
法人 10,389 10,012
個人 68 67
単位:千株/日・(出典:日本取引所グループ「投資部門別売買状況」より2019年1月から2月を集計)

圧倒的に、東証一部の方が海外投資家の取引量が多いことが分かります。このことからも、東証一部は「国際的な市場」であるといえます。東証一部企業は、高い資本力で、事業拠点を世界各地に展開しており、海外投資家の注目度も高いといえます。

③業種のポートフォリオ


両市場共に、「サービス業」「情報・通信業」の割合が大きい傾向があります。しかし、東証一部は幅広い業種をカバーしているのに対して、マザーズは偏りが見られます。マザーズでは、個性的かつ市場開拓の熱気が多い業界での上場が目立ちます。例えば、 医薬品業界は昨今、新薬開発にバイオベンチャーの活躍が期待されていることから、マザーズにおいても18社(2019年2月末現在)が上場しています。大手製薬会社との共同研究により、ガンやアンメット・ニーズに応えられる新薬開発に「高い成長性」及び「将来性」を見ていると考えられます。

【おわりに】
東証一部とマザーズの違いをお分かりいただけましたでしょうか。 マザーズ企業にとって、東証一部企業は憧れの存在であり、将来の目標でもあります。一方、東証一部企業にとって、マザーズ企業は、発展途上ではあるものの、高い成長性、将来性により、既存ビジネスを脅かされかねない存在であるとも言えるのです。

―参考文献―
1.日本取引所グループ ウェブサイト「市場概要」
(URL:https://www.jpx.co.jp/equities/products/stocks/outline/index.html)
2.YAHOO!JAPANファイナンス「上場年月日」(2019年3月8日時点)
(URL:https://info.finance.yahoo.co.jp/ranking/?kd=41&tm=d&vl=a&mk=1&p=1
3. 日本取引所グループ ウェブサイト「その他統計資料」
URL:https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/01.html