PRESS RELEASE

パーソルテンプスタッフ株式会社と業務資本提携2018-06-29

~会計・ITの両知識を持った高度専門人材など会計・経営管理人材を育成・派遣~ 集合知能(CI)を活用した経営管理の総合支援会社であるブリッジコンサルティンググループ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:宮崎良一、以下ブリッジコンサルティング)は、総合人材サービスのパーソルグループで人材派遣・アウトソーシング事業を手掛けるパーソルテンプスタッフ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田孝雄、以下パーソルテンプスタッフ)と、会計・経営管理の高度専門人材育成・派遣に関して、2018年6月より業務提携を開始したことをお知らせいたします。また、関係強化の為、第三者割当増資によりパーソルテンプスタッフから出資を受けたことをご報告致します。 ■業務提携の目的 企業の経理業務や会計事務所の業務は、年々IT化が進んでいます。IT化により、入力や計算、経費科目別の仕訳といった定型業務をはじめ、各種申請に必要な書類作成、レポート作成など、あらゆる経理業務が自動化でき、生産性向上にもつながっています。これに伴い、会計・経営管理を担う人材にはITの知識や技術も求められるようになっており、会計・ITの両知識を持った高度専門人材の不足は顕著で、ブリッジコンサルティングにおいても顧客企業や法人からこれらの相談を受けるケースが増加しています。 一方、労働市場においては、派遣スタッフの中長期的なキャリア形成を目的とした、スキルアップ支援が急務となっています。パーソルテンプスタッフでは、これまでRPA人材の育成をはじめとしたさまざまなスキルアップ支援を行っております。 両者は本業務提携を通じて、会計・ITの両知識を持った高度専門人材など会計・経営管理人材の育成・派遣を行ってまいります。 ■資本提携の目的 今後の人口減少が見込まれる日本において、労働人口増加は社会全体の重要課題であり、その課題を解決すべく、第1弾として「会計・ITの両知識を持った高度専門人材」に取り組みますが、今後も継続的にブリッジコンサルティングとパーソルテンプスタッフが協力関係を築き課題解決に邁進していきます。その為にも両社の関係を強固にする為、ブリッジコンサルティングが第三者割当増資を実施し、パーソルテンプスタッフが応じることと致しました。 ■パーソルテンプスタッフ株式会社について<https://www.tempstaff.co.jp/> パーソルテンプスタッフ株式会社は、パーソルグループの「派遣・BPOセグメント」中核会社として、人材派遣、ビジネス・プロセス・アウトソーシング、官公庁受託事業などのサービスを提供しています。2017年7月より、テンプスタッフ株式会社からパーソルテンプスタッフ株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。 ■ブリッジコンサルティンググループ株式会社について<http://bridge-group.co.jp/> ブリッジコンサルティンググループ株式会社は、アジアNo1の経営管理総合支援グループを目指す、Bridgeグループの中核を担う会社で、集合知能(CI:Collective Intelligence)を活用した経営管理支援サービスを提供しています。現在、約1000名の独立している会計士ネットワーク(日本最大級)を有しており、これらの集合知能データベースを元に、幅広く企業の経営課題の解決に取り組んでいます。 引き続き弊社の経営理念である「一人でも多くの人を幸せに導く懸け橋になること」の実現に向けて、全てのお客様に対し、全身全霊、誠意を持って邁進してまいります。