BridgeConsulting

Ⅰの部(決算開示資料)の作成を控えている企業様へ
連結財務諸表や開示ルールへの対応をサポートします。

IPOは経験豊富な公認会計士
にお任せください

従来、IPO準備は社内の人材のみで対応することが一般的でしたが、
管理部門の人材不足並びに上場準備の経験不足により、
社内の人材のみで対応することが困難になっております。

Ⅰの部作成を始めるにあたり、このようなお悩みはありませんか?
Ⅰの部作成を始めるにあたり、このようなお悩みはありませんか?
  • 他社事例を見ても何をどのように開示すれば良いかわからない···
  • 連結財務諸表の作成をしたことがない···
  • Ⅰの部作成に関する経験者がいなく、「いつまでに」「何を」「どうやって」準備したらよいのか、誰に相談したらよいかもわからない···

このような貴社のお悩みをブリッジコンサルティンググループが
ワンストップで解決します。

ブリッジコンサルティンググループが選ばれる理由

トップクラスのIPO支援コンサルティング実績

2014年以降、毎年継続してクライアント企業の上場実績があります。

業種 市場 上場時期
小売業 東証1部(IFRSs上場) 2014年8月
不動産業 東証マザーズ 2014年11月
情報・通信業 東証マザーズ 2014年11月
サービス業 東証マザーズ 2014年11月
金属製品 東証マザーズ 2015年2月
サービス業 東証マザーズ 2015年9月
非鉄金属 東証マザーズ 2016年11月
サービス業 東証2部 2016年12月
サービス業 東証マザーズ 2017年6月
サービス業 東証マザーズ 2017年9月

他、多数

実績に裏打ちされた上場申請書類の勘所を抑えたサポート

Ⅰの部や四半期開示資料は他社事例が開示されているものの、開示された結果を見てもそのまま貴社の状況に当てはまるわけでありません。そこで、貴社の状況を十分に理解したうえで必要な項目の開示をサポートします。

人材確保が困難という問題の解決策

IPOの専門的な知識や能力を要する人材は社内のみならず社外でも想像以上に貴重な人材です。また、IPO経験のある経理担当者を新規採用するにも採用活動には「時間」「手間」「コスト」「ミスマッチ」など様々なリスクがあります。
ブリッジなら、担当させていただくのはすべてプロフェッショナルである経験豊富な公認会計士。人材の確保が困難という貴社の問題をスッキリ解決いたします。

Ⅰの部(決算開示資料)作成支援サービスの概要

決算における論点・開示に必要な資料を特定して準備を進めます。

大枠のWBSイメージ

決算における論点・開示に必要な資料を特定して準備を進めます

準備していただく年度の試算表や関連資料をもとに連結財務諸表や開示書類の作成を行います。

準備していただく年度の試算表や関連資料をもとに連結財務諸表や開示書類の作成を行います。

※ 実施範囲は弊社が財務諸表全体を作成するケースや、作成項目を分担する
ケース、助言/指導(レビュー)のケースなどご要望をお伺いいたします。

まずは、メールまたはお電話にてお問い合わせください。

  • info@bridge-group.co.jp
  • 03-6452-9851 (平日10:00~18:00)

お問い合わせいただいた後、ご契約いただくまでの4ステップ

  • 訪問日時調整

    担当者からご連絡させていただき、貴社にお伺いする日時を調整させていただきます。

  • ヒアリング・現状把握

    ヒアリングにより現状把握、調査範囲の確認をさせていただきます。

  • 最終見積

    現状把握の結果を踏まえて最終見積をご提示致します。

  • 業務委託契約

    予備調査の内容及び御見積にご納得・ご決裁いただけましたら、業務委託契約を締結させていただきます。

公認会計士税理士Bridgeグループ
ブリッジコンサルティンググループ株式会社

〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館5階

Bridge consulting

ブリッジコンサルティンググループは、アジアNo1の経営管理総合支援グループを目指しています。

ページを印刷する